株式投資を行うときには、値上がり益以外にも安定的な配当を目的にする場合が多いです。
特に配当利回りが3パーセント以上の高配当銘柄であれば、長期保有にも適しています。
また配当に加えて株主優待のある銘柄にも注目することで、食品や商品券などももらえるために、生活費のかなりの部分を投資でまかなうことが出来るのです。

たとえば外食産業の株式を購入することで、レストランなどのお食事券ももらえるために、食費の多くの部分を株主優待でまかなえる場合もあるのです。
そしてラーメンや調味料などの詰め合わせを株主優待でもらえるケースも多いために、自宅で食事を作る場合であっても食費を節約することが出来ます。
また銘柄によっては商品券をプレゼントするケースも多く、その場合には商品券で商品やサービスを購入する以外にも、金券ショップに持ち込んで現金化することが出来ます。

特に商品券がもらえる株式の中でも家電量販店を運営している企業であれば、高い配当利回りと商品券の両方が魅力的なために個人投資家が注目しています。
特に配当と株主優待の金銭的価値を総合的に考えたときには、実質的な利回りが10パーセントを超えるような銘柄も多いのです。
そのために株主優待と配当で生活するときには、総合的な利回りを考えると同時に、生活に密着した銘柄を選ぶ必要もあるのです。

このように優待のメリットを生かして節約をすることで、更に貯蓄をして金融資産を増やせるのです。